お母さんが単に芸能界デビューということで一般的公募のオーディションに注目するものの、実際に子供さんが周囲の子供さんよりもキラキラ輝いていてオーディションにストレートに勝つ確率は相当低いと考えてください。なぜなら子供さんにどのような魅力があったとしてもほとんどは原石としての魅力に過ぎないからです。

タレント養成所などにまずは入ってオーディションを受けるということは、まずはお母さんが子供さんが原石であることを知り、原石から磨こうという姿勢を持っていることなのです。実際にタレント養成所に入ればお金はかかってしまうことになりますが、原石を磨くためなのでやむを得ない手段と考えるべきではないでしょうか。

お母さんがタレント養成所に入れることを決めれば、どのタレント養成所かという選択に悩むことになります。タレント養成所には雑誌のモデルに強いタレント養成所もあり、ミュージカル女優に強いタレント養成所などもあります。もしもミュージカル女優を目指すというのに、雑誌のモデルに強い養成所に入れば子供さんの夢はひょっとしたらどんどん萎んで行ってしまうかもしれません。また、中にはタレント養成所に入所するためのオーディションがあります。こちらも対策をしておかなければなりません。

遠目に見ればタレント養成所に入りさへすればいいという選択肢の間違いが起こりやすいのです。