タレント養成所から子役デビューの近道

オーディションを受けられる?!

どのタレント養成所へ

お母さんが単に芸能界デビューということで一般的公募のオーディションに注目するものの、実際に子供さんが周囲の子供さんよりもキラキラ輝いていてオーディションにストレートに勝つ確率は相当低いと考えてください。なぜなら子供さんにどのような魅力があったとしてもほとんどは原石としての魅力に過ぎないからです。

タレント養成所などにまずは入ってオーディションを受けるということは、まずはお母さんが子供さんが原石であることを知り、原石から磨こうという姿勢を持っていることなのです。実際にタレント養成所に入ればお金はかかってしまうことになりますが、原石を磨くためなのでやむを得ない手段と考えるべきではないでしょうか。

お母さんがタレント養成所に入れることを決めれば、どのタレント養成所かという選択に悩むことになります。タレント養成所には雑誌のモデルに強いタレント養成所もあり、ミュージカル女優に強いタレント養成所などもあります。もしもミュージカル女優を目指すというのに、雑誌のモデルに強い養成所に入れば子供さんの夢はひょっとしたらどんどん萎んで行ってしまうかもしれません。また、中にはタレント養成所に入所するためのオーディションがあります。こちらも対策をしておかなければなりません。

遠目に見ればタレント養成所に入りさへすればいいという選択肢の間違いが起こりやすいのです。


ネームバリュー

お母さんはやっぱり家の子供が一番可愛いと思っているのです。しかし子供さんの可愛さを世間に認めてもらう必要があります。それが芸能界デビューの一歩と考えてください。

一般公募で気楽にオーディションを受ける方法がありますが、やっぱりなんと言ってもオーディションに受かる近道は芸能事務所に所属することであり、タレント養成所に入ることと考えてください。実際に今子供さんをタレントにしたいお母さんは星の数ほど存在します。誰もが気楽に一度受けてみようという思いを持っているから、一般公募のオーディションにそのまま参加させたとして受かる確率は何百倍かもしれません。

しかし、芸能事務所や、タレント養成所を介してオーディションに出るとなれば確実にその確率を狭めることが出来ます。お母さんも気まぐれでオーディションという意識を持つことはあっても、お金をかけてタレント養成所に入れようというモチベーションまでは起こらないかもしれません。

そして芸能事務所、タレント養成所からオーディションに出るということはそのタレント養成所なり芸能事務所のネームバリューのもと戦うことが出来るということです。つまりここには芸能界特有のコネも存在しているのです。


どのような方法で?

ちょっと昔のことを言えば子供さんはお母さんにそそのかされて嫌々オーディションに出されていたのかもしれません。しかし最近の子供さんはちょっと違い、自分でかなり意識して芸能人になりたい意欲を持っているようです。時代はこれ程までに若い世代にスポットライトをあてて、子供さんは自身で競争に勝つことで芸能界に入ることが出来ることを自覚しているのです。

現代社会では競争を出来る限り排除した教育方針をうち立てているようですが、そもそもそれは芸能界スタイルではなく、子供さんたちは子供の頃から競争する意欲に満ち満ちてキラキラ輝いているのです。しかし、とはいうものの芸能界デビューはどのような方法で目指して行けば良いのでしょうか。オーディションというものの、それだけでは手だてもそれ程見付けられず漠然としているのではないでしょうか。

オーディションとはそのまま一般の人たちがいきなり公募するというのもありです。ただしそれだけがオーディションの方法ではなく、もっとオーディションの勝率を身近にする方法として芸能事務所に所属するというのも方法ですし、タレント養成所に入りオーディションを目指すというのも方法です。注意しなければならないのは時間です。子役はすぐに子役でなくなってしまうのですから。


オーディションに勝つ

最近では子役タレントにさせたいと思っているお母さんも多くいらっしゃるのようですね。お母さんたちは自分の子供さんが一番可愛いと思っているのです。果たして子役タレントになることが出来たとしても延々と大人になってからも芸能人として通用出来るかは疑問ですが、子供の頃から芸能人デビューさせることには大きなメリットがあります。

もしも大人になっても芸能人として成功出来たのなら子供さんの頃から芸能人デビューさせることによってお母さんは長いサイクルでお金を稼ぐことが出来てしまうのです。最近ではどんどん芸能人の低年齢化が加速化して十代が一番スポットライトを浴びるようにもなって来ましたが、だからこそ十代でデビューの準備をしているようでは遅いのです。

お母さんたちはまず子供さんを芸能人デビューさせるためのノウハウについてここで勉強をしてください。まずは子役デビューするために意識しなければならないキーワードとは「オーディション」です。

結局はどんな才能のある子供さんも早い時期に勝負という境遇に接することになり、それに勝つことがまずは、子役デビューのための方法と考えてください。現代社会の子供さんの教育方針は極力競争するという概念を回避する傾向にはあるようですが、その傾向には賛否両論があります。実際に社会とは競争によって成り立っているともいえ、競争しない精神によってはトップに立つことなど不可能なのです。子供さんにそのようなことを強いるのは酷なのかもしれませんが、敢えて芸能人になるということは、子供さんに競争することを覚えてもらうための手段として考えることが出来ます。